キサラギウタ

ひとつの歌

杉田協士監督の「ひとつの歌」を観ました。
名古屋シネマテークにて。

名古屋での上映は終了したあとですが、やっと自分の中でまとまってきたので、残しておこうと思います。
(広義でのネタバレになることもあるかもしれないので、今後まっさらなままで観たいという方は読まないでくださいね。)

とにかく、台詞の少ない映画です。
冒頭は、街中を走っていくバイクを見ながら、自動車教習所で見せられた事故再現映画を連想して、不穏な気持ちに。
そこから枡野浩一さんが演じる怪しい男が振り返るシーンまで、緊張感が続きます。
しばらくは話がどう動いていくのか分からなくて、明るい庭での他愛ない会話さえ、裏に何かあるんじゃないかと疑ってしまったりして、疲れる感じもありました。

「つらいな」が重くなってきたところで、ヒロインが登場して、時間が動き始めます。
女優・石坂友里さんのきれいさ(それも芯からというか、骨からきれいそうな感じ)や、彼女の使ったヘルメット・洋服の可愛さは、まさに華。
ストーリーも、噂で聞いていたほど分かりにくいとは、私は思いませんでした。
正解ではないかもしれないけど、私なりに繋がったし。

それでも緊張感は最後まで続きました。
それは私だけかもしれません。これまで、台詞はもちろん、BGMまでが感情を誘導してくれるような映画ばかり観てきているから。
「ひとつの歌」はそういうものがなく、その代わり絵としては情報量が多かったように思います。それを自分がどう感じるか、常に自分と向き合いながら観るので、緊張するのでした。

だから、涙のシーンにはむしろ救われました。
この映画の中では2回、人が泣きますが、一緒に悲しくなるというよりは、ホッと肩の力が抜けるような気持ちになりました。
泣くということが、とても自然なことだったから。頭でなく、気持ちで受け止められるシーンだったから。

この映画のレビューを追ってみると、何回か観ると分かるとか、何回も観たいというものが多いようですが、私ももう一度観たかったと思っています。
正直、最初は、上映後に体験したトークショーやワークショップの興奮のほうが大きかったのです。でも3日・4日と経つうちに、映画の中のいろんな絵が自分の中にはっきり残ってきて、その数が今まで観た映画より断然多いのでした。
あんなに緊張しながら見つめたのだから当然、なのでしょうか。それとも違う理由なのか。知りたい。
次は、もう少し登場人物に寄り添って、一緒に泣いたりできるかもしれないし。
同行した友人は、考えるよりヴィジュアルを楽しんだそうです。杉田監督の写真が好きなので、できるならそれもやってみたかった。

今回結局それは叶わなかったけれど、映画を観て、その監督にお会いするというのは、特別な体験でした。
映画通でもない私は、枡野さんが出演していなかったら、この映画のタイトルさえ知らずにいたかもしれません。枡野さんを知り、短歌を好きになり、そのご縁からここまで運ばれるなんて、不思議なことだと思います。
本や映画を、世界を覗くための窓にたとえたりするけど、今回の窓は大きくて。映画に関して、新しい目を持てるようになった、としたらいいなあ。

ちなみに、杉田監督はまっすぐな感じの素敵な方でした。お会いしたら誰でもファンになってしまうような。
もし今後の上映場所でイベントがあったら、可能な方は、参加してみることをおすすめします。
[PR]



# by kisaragiuta | 2012-11-10 16:09 | その他

くじけな

枡野浩一さんがツイッターで呟かれていた詩が、になりました。

ツイッターのときから大好きだったけど、こうして本になって本当に嬉しい。
ちゃんと改行されていることで、詩がさらに心に響く。
後藤グミさんの挿絵もすばらしい。
加えて、紙の感じや色、絶妙なサイズ・・・・・・
そういったもの全部があいまって、「本」の魅力になるのだと
改めて認識させられました。

敷居はちっとも高くない。お財布にも優しい価格。
だけど乱暴に扱うことができなくなってしまう本。
この先何度も読み返すのだろうと思います。

くじけな、というタイトルにいろんな反応があるようですが
人は「くじけな」と言われて折れたりはしない。
(ありがとう、と言ってひと晩くじけるかもしれないけど。)
折れてしまうのは、むしろ悪いタイミングで「くじけるな」って言われたときじゃないかしら。
というのが私の意見です。

この本の帯に、私の感想ツイートも載せていただきました。
ブルボン小林さんのすぐ後に、私というただの(主婦)の名前!
それがツイッターというものだ、ということかもしれませんが
ほえ~~と口空いて見つめてしまった私です。

f0086086_12174011.jpg

[PR]



# by kisaragiuta | 2011-06-21 12:21 | その他

007:耕(宮田ふゆこ)

仰向けで深い呼吸を繰り返す 私を耕せるのは私
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-06-21 10:04 | 題詠2011

006:困(宮田ふゆこ)

困ったら連絡してね でも悩みごとはできれば勘弁してね(宮田ふゆこ)
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-06-16 20:28 | 題詠2011

005:姿(宮田ふゆこ)

いつもより姿勢ただして仰ぎ見た桜が北に届いて五月
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-05-06 23:05 | 題詠2011

004:まさか(宮田ふゆこ)

空気だけが主張しているテーブルにまさかの波を立てちゃう予感
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-05-05 23:40 | 題詠2011

003:細(宮田ふゆこ)

耐えられる痛みしかまだ知らないし「さけるチーズ」も細かく裂ける
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-04-07 09:35 | 題詠2011

002:幸(宮田ふゆこ)

うぐいす餅などたずさえて幸せを語るときには退屈そうに



題詠blog2011に投稿しました。
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-04-04 16:29 | 題詠2011

001. 初(宮田ふゆこ)

初もののホタルイカの目ちぎりつつパスタの旬も春って決める



題詠blog2011に投稿しました。
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-04-04 16:15 | 題詠2011

参加します(宮田ふゆこ)

参加させていただきます。五十嵐きよみさん、皆さん、よろしくおねがいいたします。



題詠blog2011に参加します。
完走はたぶん無理です(笑)。ゆるく、いけるところまで。
1首2首でもいいものが残りますように。
[PR]



# by kisaragiuta | 2011-04-04 15:56 | 題詠2011
宮田ふゆこ*ときどき短歌を作ります。小心な快楽主義者。
by kisaragiuta
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2012年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 03月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月

最新のトラックバック

平熱ボタン。
from カツオくんは永遠の小学生。
「一人で始める短歌入門」
from 月灯りの舞
http://www.k..
from 観光総合ガイド
朝一発で目が覚める方法
from のこぶろぐ
四万温泉
from 四万温泉案内
ポケモン金銀 努力値
from http://10tyoug..
アルプスの少女ハイジ
from ジャパニアニメ
三十一文字の世界(短歌ブ..
from あと1日@日刊エキブロ新聞

お気に入りブログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧