キサラギウタ

カテゴリ:その他( 12 )




ひとつの歌

杉田協士監督の「ひとつの歌」を観ました。
名古屋シネマテークにて。

名古屋での上映は終了したあとですが、やっと自分の中でまとまってきたので、残しておこうと思います。
(広義でのネタバレになることもあるかもしれないので、今後まっさらなままで観たいという方は読まないでくださいね。)

とにかく、台詞の少ない映画です。
冒頭は、街中を走っていくバイクを見ながら、自動車教習所で見せられた事故再現映画を連想して、不穏な気持ちに。
そこから枡野浩一さんが演じる怪しい男が振り返るシーンまで、緊張感が続きます。
しばらくは話がどう動いていくのか分からなくて、明るい庭での他愛ない会話さえ、裏に何かあるんじゃないかと疑ってしまったりして、疲れる感じもありました。

「つらいな」が重くなってきたところで、ヒロインが登場して、時間が動き始めます。
女優・石坂友里さんのきれいさ(それも芯からというか、骨からきれいそうな感じ)や、彼女の使ったヘルメット・洋服の可愛さは、まさに華。
ストーリーも、噂で聞いていたほど分かりにくいとは、私は思いませんでした。
正解ではないかもしれないけど、私なりに繋がったし。

それでも緊張感は最後まで続きました。
それは私だけかもしれません。これまで、台詞はもちろん、BGMまでが感情を誘導してくれるような映画ばかり観てきているから。
「ひとつの歌」はそういうものがなく、その代わり絵としては情報量が多かったように思います。それを自分がどう感じるか、常に自分と向き合いながら観るので、緊張するのでした。

だから、涙のシーンにはむしろ救われました。
この映画の中では2回、人が泣きますが、一緒に悲しくなるというよりは、ホッと肩の力が抜けるような気持ちになりました。
泣くということが、とても自然なことだったから。頭でなく、気持ちで受け止められるシーンだったから。

この映画のレビューを追ってみると、何回か観ると分かるとか、何回も観たいというものが多いようですが、私ももう一度観たかったと思っています。
正直、最初は、上映後に体験したトークショーやワークショップの興奮のほうが大きかったのです。でも3日・4日と経つうちに、映画の中のいろんな絵が自分の中にはっきり残ってきて、その数が今まで観た映画より断然多いのでした。
あんなに緊張しながら見つめたのだから当然、なのでしょうか。それとも違う理由なのか。知りたい。
次は、もう少し登場人物に寄り添って、一緒に泣いたりできるかもしれないし。
同行した友人は、考えるよりヴィジュアルを楽しんだそうです。杉田監督の写真が好きなので、できるならそれもやってみたかった。

今回結局それは叶わなかったけれど、映画を観て、その監督にお会いするというのは、特別な体験でした。
映画通でもない私は、枡野さんが出演していなかったら、この映画のタイトルさえ知らずにいたかもしれません。枡野さんを知り、短歌を好きになり、そのご縁からここまで運ばれるなんて、不思議なことだと思います。
本や映画を、世界を覗くための窓にたとえたりするけど、今回の窓は大きくて。映画に関して、新しい目を持てるようになった、としたらいいなあ。

ちなみに、杉田監督はまっすぐな感じの素敵な方でした。お会いしたら誰でもファンになってしまうような。
もし今後の上映場所でイベントがあったら、可能な方は、参加してみることをおすすめします。
[PR]



by kisaragiuta | 2012-11-10 16:09 | その他

くじけな

枡野浩一さんがツイッターで呟かれていた詩が、になりました。

ツイッターのときから大好きだったけど、こうして本になって本当に嬉しい。
ちゃんと改行されていることで、詩がさらに心に響く。
後藤グミさんの挿絵もすばらしい。
加えて、紙の感じや色、絶妙なサイズ・・・・・・
そういったもの全部があいまって、「本」の魅力になるのだと
改めて認識させられました。

敷居はちっとも高くない。お財布にも優しい価格。
だけど乱暴に扱うことができなくなってしまう本。
この先何度も読み返すのだろうと思います。

くじけな、というタイトルにいろんな反応があるようですが
人は「くじけな」と言われて折れたりはしない。
(ありがとう、と言ってひと晩くじけるかもしれないけど。)
折れてしまうのは、むしろ悪いタイミングで「くじけるな」って言われたときじゃないかしら。
というのが私の意見です。

この本の帯に、私の感想ツイートも載せていただきました。
ブルボン小林さんのすぐ後に、私というただの(主婦)の名前!
それがツイッターというものだ、ということかもしれませんが
ほえ~~と口空いて見つめてしまった私です。

f0086086_12174011.jpg

[PR]



by kisaragiuta | 2011-06-21 12:21 | その他

遅ればせながら、めーたん

日が経ってからのご報告になってしまいましたが
9月5日は、名短のイベントに参加してきました。
天野慶さんによると、「たぶん世界初の野外短歌イベント」とのこと。

ふかわりょうさんが進行をしてくださって
芸能人からマイクを向けられる、という記念すべき初体験ができました。
尊敬する天野さんや加藤千恵さんにお会いすることもできました。

私は一観客として行ったのですが
急遽ステージに上がりたい、という人を募集してくれたので、思い切って手を上げました。
いつも短歌を通じてお付き合いいただいている小野さんのおかげで勇気が出たのだけど
やってみてよかった!
まだまだ暑かったけれど、真っ青な空の下。視線を上げればテレビ塔。
そんなところで短歌を読み上げて拍手をいただけるのは、ほんとに気持ちよかったです。

そして、そこで読み上げた短歌で、優秀賞をいただくことができました。

銭湯で父に習った歌詞のまま1番高木がまだ塁に出る


ドラゴンズの応援歌<燃えよドラゴンズ>を知らないと、ピンと来ない歌だと思います。
(しかもいま調べてみたら、1番高木は1974年バージョンなんですね。そんな昔……。)

私は枡野浩一さんを先生だと思って短歌を勉強してきて
「遠くにも届くように詠む」ということをできるだけ大切にしてきたつもりですが
今回ばかりは地元民として、「にゃごやの人に分かればええがね」と楽しく作りました。
日本でもっとも郷土愛が強いといわれる県民性のゆえかもしれません。

優秀賞の10首は、名古屋メシの横綱矢場とんの箸袋に印刷していただけるそうです。
ふだん短歌を読んだりしない人たちにも見てもらえるので、とても嬉しい。
もちろん私も食べに行くつもりです。

写真は、会場でいただいた短冊ですが
手書きなので、「まだ」が「また」と誤記されていました。
それで私も「ああ、<また>にする手もあったんだな」と気づきました。
当然思いついてもいいことだけど、なぜか考えなかったですね。
そのあとよーく考えてみて、やっぱり私は「まだ」だな、と思いましたが
「また」のほうがいい、と言ってくださった方もいました。
やっぱり人に聞いてもらったり見てもらったり、ということは大切なんだなあ、と実感。


f0086086_1451343.jpg

[PR]



by kisaragiuta | 2010-09-21 14:53 | その他

辰巳泰子さんのライブ「曠野」

歌人の辰巳泰子さんの朗読ライブ曠野が、いよいよ明日になりました。

これは、短歌朗読DVD「聖夜」リリース記念のイベントで
DVDには、もったいなくも私の短歌を収録していただいているようです。

今回のライブのゲストには
敬愛に加えてミーハー的にも大好きな枡野浩一さんのお名前もあるのに
残念ながら私は行けません。
でもここから会場へ、応援の念を送るつもりです。

辰巳さんのライブは、すごいです。
「本気」というのは、人を圧倒します。
私はライブ「聖夜」のときに、それに触れさせていただきました。

なんのために短歌を作るのか、ということが
「他人に伝えるためだ」ということにきちんと繋がったら
「どうやって、より他人に伝えていくか」という課題も出てくる。
それに向き合っている人をナマで見て、たくさんの刺激を受けました。
それ以来、<伝える>ということを、私も考え続けています。

今回も、たくさんの人に辰巳さんの本気が伝わりますように。

……東京近郊の人は幸せだ。
ふと、こんなライブに行けてしまうのなら。
[PR]



by kisaragiuta | 2008-05-31 20:49 | その他

平熱ボタン

名古屋が大雪に見舞われて、北国のようだった昨日
北の国から、歌集が届きました。

伊勢谷小枝子さんの「平熱ボタン」

この日が来るのを待っていました。



この歌集には、私の大好きな短歌が収録されています。
好きな歌はどんどん増えるけど、その中でもほんとに大切な歌のひとつ。

ピース! ピース! 私がここにいるせいで私の形に足りない世界(伊勢谷小枝子)

家事をしているとき、公園で子供と遊んでいるとき、
ふいにこの歌を思い出して、私はすこし元気になります。

それは、「よーしがんばろう!」という強い元気ではないのだけど。

この歌を思い出すとき、たとえ室内にいても、私は空を見ています。
同時に、私がいつまでも心の底に持っている「不登校だった私」に、笑いかけることができます。

<ピース! ピース! 私はここで、なんとかやっています>



そういえば、伊勢谷さんの歌はどれも、悲しくても俯いてはいない印象です。
やっぱり強く前向きでもないのですが。

なるほど平熱。

しんしんしん、と沁みて、雪の日に読むのがうれしい歌集でした。
でもなにしろ平熱だから、暑い日に読んでも、同じように沁みるかもしれない。

たくさんの人に届きますように。

f0086086_10515317.jpg

[PR]



by kisaragiuta | 2008-02-10 10:56 | その他

一人で始める短歌入門

f0086086_10571872.jpg


一人で始める短歌入門(枡野浩一/ちくま文庫)に、一首掲載していただきました。

「大丈夫?」電話がきたらその人と結婚しようと思う停電



発売後すぐに、一冊送っていただきました。
メッセージカード付き。感激です。

でももう、3冊購入済み。
送っていただいた分は、カードごと、高いところに祀ってあります。

ショートソングもそうだったけど
とにかく誰にでも(短歌に興味ないひとにも)読みやすいし面白い!と思えるので
私の短歌修行を応援してくれている知人や家族に
気兼ねなくプレゼントできるのが嬉しい。

「面白くないだろうなあ」と思いながら贈るのは、つらいもの。
「レースのドアノブカバー、使ってください!」とは、言いにくいもの。
いくら自分はレースが好きでも。
どんなきれいなレースでも。

ショートソングを読んで、短歌を作りたくなったひとに
今度はぜひ、こちらを読んでほしいです。
ショートソングに載っている短歌は、枡野さんの作と
かんたん短歌blogの常連の間でもスタンダードとなった作品が多いので
全体に洗練されています。
それに比べると、こちらには荒削りな感じの歌も多くて
(私のもそうだ)
一層とっつきやすい感じがすると思う。

誰にでも書けそうに見える作品の、どこが面白いのか。欠点はどこなのか。
それが楽しく解説されています。
ツッコミが楽しいので、ネット上で見たときより、もっと短歌が輝いている。

個人的には、どうしても分からなかった短歌を
枡野さんも「分からないけど」と書いていらしたことに、安心しました。

これ、中学や高校の図書館に置いてほしいな。
何かを表現したくて、でもやり方が分からない学生たちが、手にとってくれるといいなあ。



それにしても、「ショートソング」以降
枡野さんの新刊を、書店で見つけやすくなりました。
とても嬉しいです。
[PR]



by kisaragiuta | 2007-06-11 11:24 | その他

漫画「ショートソング」

過去記事で紹介した、枡野浩一さんの「ショートソング」が漫画化されました。

漫画家は小手川ゆあ。集英社のスーパージャンプでの新連載。

第一回を読んで、
ひいき目を抜きにしても、あの雑誌の中でいちばん面白いと思った。
青年雑誌ということで心配していたけど、きれいな絵で、女性でもすんなり馴染める。

キャラクターもほぼイメージどおりだった。
ひとつだけ違っていたのは、私の中では舞子がボブ、瞳がロングヘアだったこと。
そういう描写もあったと思うし。
(*その疑問は、こちらで解けます。)
案山子は私のイメージを完全に超えていた……すてきだ……。

そういえば、絵の力ってすごいなあと思ったことがひとつ。
私はあまり漫画を読まないので、うまく言えないのだけど。

原作を読んだとき、
荒木更紗ちゃん(個人的な思い入れがあるので、ちゃん付け)が
後半でああなったこと、私は少し唐突すぎるように感じた。
でも、漫画で更紗ちゃんの絵を見たときに
「ああ、この子はああなる、なる!!」となんだかすごく納得できたのだ。
小手川ゆあさんは、更紗ちゃんの感情も、しっかり把握されているんだろうなあ。

逆に、短歌に関しては、原作のほうが印象に残る気がした。
漫画の中にあると、漫画の小道具になってしまう感じ。
短歌だけじゃなくて、その短歌と並んでいる「絵」にも、目がいくからかな。

でももちろん、漫画なのだから、漫画として面白ければいいのだと思う。

原作は、一人称の語り手が一話ごとに交代するので
伊賀と克夫の独白が平行して読めるというのは、新鮮だった。
次も読んでしまうと思う、きっと。
[PR]



by kisaragiuta | 2007-03-30 09:14 | その他

辰巳泰子さんのサイトに投稿した短歌

遅れたけれど、辰巳泰子さんの短歌保健室に投稿させていただいた短歌のまとめ。



柵越しに見るシマウマの涼しさでこの手を離してしまえばいいのだ

ひとりきり動物園にいる人のわけを収集して歩きたい


雨だけど 窓を開けずにいたならば見られなかった雨なんだから

いい人とあなたは言ってくれるけど あなたが言ってくれるからです


<良縁祈願短歌>
歯みがきはきちんとします おいしいね、おいしいねって老いていこうね

通り雨浴びる勇気はもうなくて部屋にいますがお茶はあります


<よろづ祈願短歌>
朝のひかり伸びやか 足を地に着けて雲にさわれる魂であれ
[PR]



by kisaragiuta | 2007-03-27 09:21 | その他

ショートソング(枡野浩一)

f0086086_923122.jpg


ショートソング (枡野浩一/集英社文庫)

******************************
枡野浩一のかんたん短歌blogに投稿した短歌を一首、引用していただきました。

謝られ もうよしとする 許さなくたって生きてく人なのだから



せつない短歌がたくさん詰まっています。
せつない青春小説です。

伊賀さんが、瞳さんにロデオボーイを見せる場面、とても好き。



最近、近所に大型書店がオープンして、この「ショートソング」も発売日に入手することができました。
くー、いい街になったなあ。

まだカフェと呼べる店もないけど。
[PR]



by kisaragiuta | 2006-11-20 09:27 | その他

辰巳泰子さんのライブ

トーク&朗読ライブ「辰巳泰子の短歌保健室」
大事なことから目を背けるな!

【日時】2006年12月24日
    オープン13時、スタート13時30分

【場所】新宿ロフトプラスワン

【入場料】2000円(飲み物付)

歌人・辰巳泰子さんの公式サイト

辰巳さんによるライブ告知です

********************

短歌初心者として参加させていただきます。
皆さんとお会いできますように。
[PR]



by kisaragiuta | 2006-11-15 16:19 | その他
宮田ふゆこ*ときどき短歌を作ります。小心な快楽主義者。
by kisaragiuta
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2012年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 03月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月

最新のトラックバック

平熱ボタン。
from カツオくんは永遠の小学生。
「一人で始める短歌入門」
from 月灯りの舞
http://www.k..
from 観光総合ガイド
朝一発で目が覚める方法
from のこぶろぐ
四万温泉
from 四万温泉案内
ポケモン金銀 努力値
from http://10tyoug..
アルプスの少女ハイジ
from ジャパニアニメ
三十一文字の世界(短歌ブ..
from あと1日@日刊エキブロ新聞

お気に入りブログ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧