キサラギウタ

08.01.08

「あそぼ」って言えないきみが頭上まで積み上げていくブロックの塔
[PR]



# by kisaragiuta | 2008-01-08 10:16 | 主婦短歌

大賞をいただきました

雑誌「ルチェーレ!」2月号(本日発売)の
<主婦短歌まつり>で、大賞をいただきました。

精一杯の「行ってらっしゃい」 きみの背にお守りとして貼りついていけ(宮田ふゆこ)


枡野浩一さん、佐藤真由美さん、ルチェーレ編集者の皆さん、
本当にありがとうございました。

「行ってらっしゃい」はお祈りの言葉だと思っています。
今日もきみが、無事に元気に、笑顔で帰ってきますように。
元気じゃなくて笑顔じゃなくても、ちゃんと帰ってきてくれますように。


賞金をいただけるのはまだ先のようなのですが
いろいろ夢想して楽しんでいます(笑

主婦短歌でいただくお金なので、主婦的贅沢をしてみたいと思っています。
ずっと憧れているル・クルーゼの鍋とか、フードプロセッサとか……


もうひとつ嬉しかったのは
佐藤真由美賞を、短歌友達の振戸りくさんが受賞されていたこと!
私は彼女の歌とブログのファン。
主婦短歌まつりのことも、すてきに書かれています。
[PR]



# by kisaragiuta | 2008-01-07 12:04 | 主婦短歌

07.12.10

きみの言う「いいひとなの」は「私とは合わないけど」といつもセットだ

*

悪い人じゃないんだよって言いたがる私のかわりに怒ってくれる
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-12-10 20:58 | 短歌

自由題(訂正)

謝りたい 眠るあなたを起こしてでないとあやまれなかったことも(宮田ふゆこ)


「起こして」の「こ」の字が抜けていたので、再度トラックバックさせていただきました。
よろしくお願いいたします。
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-07-06 21:13 | 「かん短blog」投稿

自由題

謝りたい 眠るあなたを起してでないとあやまれなかったことも(宮田ふゆこ)
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-07-06 21:09 | 「かん短blog」投稿

ケータイ(1)

終電を降りて歩いた 迎えには来ない男と電話しながら(宮田ふゆこ)
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-06-28 23:52 | 「かん短blog」投稿

一人で始める短歌入門

f0086086_10571872.jpg


一人で始める短歌入門(枡野浩一/ちくま文庫)に、一首掲載していただきました。

「大丈夫?」電話がきたらその人と結婚しようと思う停電



発売後すぐに、一冊送っていただきました。
メッセージカード付き。感激です。

でももう、3冊購入済み。
送っていただいた分は、カードごと、高いところに祀ってあります。

ショートソングもそうだったけど
とにかく誰にでも(短歌に興味ないひとにも)読みやすいし面白い!と思えるので
私の短歌修行を応援してくれている知人や家族に
気兼ねなくプレゼントできるのが嬉しい。

「面白くないだろうなあ」と思いながら贈るのは、つらいもの。
「レースのドアノブカバー、使ってください!」とは、言いにくいもの。
いくら自分はレースが好きでも。
どんなきれいなレースでも。

ショートソングを読んで、短歌を作りたくなったひとに
今度はぜひ、こちらを読んでほしいです。
ショートソングに載っている短歌は、枡野さんの作と
かんたん短歌blogの常連の間でもスタンダードとなった作品が多いので
全体に洗練されています。
それに比べると、こちらには荒削りな感じの歌も多くて
(私のもそうだ)
一層とっつきやすい感じがすると思う。

誰にでも書けそうに見える作品の、どこが面白いのか。欠点はどこなのか。
それが楽しく解説されています。
ツッコミが楽しいので、ネット上で見たときより、もっと短歌が輝いている。

個人的には、どうしても分からなかった短歌を
枡野さんも「分からないけど」と書いていらしたことに、安心しました。

これ、中学や高校の図書館に置いてほしいな。
何かを表現したくて、でもやり方が分からない学生たちが、手にとってくれるといいなあ。



それにしても、「ショートソング」以降
枡野さんの新刊を、書店で見つけやすくなりました。
とても嬉しいです。
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-06-11 11:24 | その他

「色」で採っていただいた短歌

セピアにはなりきれてない思い出に似たざくろ石を指からはずす

薄闇にのまれてしまう きんいろの夕日に焦がれ伸ばした指も

何も期待しないでくれと無果汁のメロンソーダの緑はきれい

なぞるふりで朱を入れられてそれはもう私の言いたかったことじゃない

匂いたちそうな想いを閉じ込めて白ブラウスのボタンを留める

色とりどりのお手玉ほどけばこぼれ出る時間はこんなにつぶ立っている

たけだけしく萌えろ新緑なまぬるい春の痛みを食らい尽くして

欲しくって諦めたのはうす青いラムネのびんのビー玉だけよ



****************


手ごたえのあったお題。
今まででいちばん、自分の出したものが好きでした。

でも、このあとスランプに突入し、今もまだその中に。
こういう波ってあるのでしょうか。
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-06-09 20:57 | 笹短歌ドットコム

台本(主婦短歌)

「生んでくれとたのんだおぼえはない」なんてオリジナリティなさすぎるわね(宮田ふゆこ)



いつかは言われるんだろう
そう覚悟してても、こればっかりは揺れちゃうんだろうと思って
今からときどきイメージトレーニングしています。
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-05-25 11:22 | 主婦短歌

大丈夫(主婦短歌)

大丈夫 主婦のわたしに「好きな人はいますか」なんて誰もきかない(宮田ふゆこ)
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-05-19 23:59 | 主婦短歌
宮田ふゆこ*ときどき短歌を作ります。小心な快楽主義者。
by kisaragiuta
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2012年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 03月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月

最新のトラックバック

平熱ボタン。
from カツオくんは永遠の小学生。
「一人で始める短歌入門」
from 月灯りの舞
http://www.k..
from 観光総合ガイド
朝一発で目が覚める方法
from のこぶろぐ
四万温泉
from 四万温泉案内
ポケモン金銀 努力値
from http://10tyoug..
アルプスの少女ハイジ
from ジャパニアニメ
三十一文字の世界(短歌ブ..
from あと1日@日刊エキブロ新聞

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧