キサラギウタ

頃あい(主婦短歌)

誕生日が嬉しくなくなる頃あいで忘れてくれた良い夫です(宮田ふゆこ)
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-05-11 10:06 | 主婦短歌

改作・回覧板(主婦短歌)

引きこもりしているのかもしれないと回覧板をためて気づいた(宮田ふゆこ)


「引きこもりしているのかもしれないと回覧板がたまって気づく」から改作します。
よろしくお願いいたします。
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-04-16 17:28 | 主婦短歌

回覧板

引きこもりしているのかもしれないと回覧板がたまって気づく(宮田ふゆこ)
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-04-16 17:27 | 主婦短歌

目覚まし(主婦短歌)

捨てぜりふ投げつけたあと目覚ましもセットしないで眠るひとたち(宮田ふゆこ)
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-04-09 16:42 | 主婦短歌

漫画「ショートソング」

過去記事で紹介した、枡野浩一さんの「ショートソング」が漫画化されました。

漫画家は小手川ゆあ。集英社のスーパージャンプでの新連載。

第一回を読んで、
ひいき目を抜きにしても、あの雑誌の中でいちばん面白いと思った。
青年雑誌ということで心配していたけど、きれいな絵で、女性でもすんなり馴染める。

キャラクターもほぼイメージどおりだった。
ひとつだけ違っていたのは、私の中では舞子がボブ、瞳がロングヘアだったこと。
そういう描写もあったと思うし。
(*その疑問は、こちらで解けます。)
案山子は私のイメージを完全に超えていた……すてきだ……。

そういえば、絵の力ってすごいなあと思ったことがひとつ。
私はあまり漫画を読まないので、うまく言えないのだけど。

原作を読んだとき、
荒木更紗ちゃん(個人的な思い入れがあるので、ちゃん付け)が
後半でああなったこと、私は少し唐突すぎるように感じた。
でも、漫画で更紗ちゃんの絵を見たときに
「ああ、この子はああなる、なる!!」となんだかすごく納得できたのだ。
小手川ゆあさんは、更紗ちゃんの感情も、しっかり把握されているんだろうなあ。

逆に、短歌に関しては、原作のほうが印象に残る気がした。
漫画の中にあると、漫画の小道具になってしまう感じ。
短歌だけじゃなくて、その短歌と並んでいる「絵」にも、目がいくからかな。

でももちろん、漫画なのだから、漫画として面白ければいいのだと思う。

原作は、一人称の語り手が一話ごとに交代するので
伊賀と克夫の独白が平行して読めるというのは、新鮮だった。
次も読んでしまうと思う、きっと。
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-03-30 09:14 | その他

辰巳泰子さんのサイトに投稿した短歌

遅れたけれど、辰巳泰子さんの短歌保健室に投稿させていただいた短歌のまとめ。



柵越しに見るシマウマの涼しさでこの手を離してしまえばいいのだ

ひとりきり動物園にいる人のわけを収集して歩きたい


雨だけど 窓を開けずにいたならば見られなかった雨なんだから

いい人とあなたは言ってくれるけど あなたが言ってくれるからです


<良縁祈願短歌>
歯みがきはきちんとします おいしいね、おいしいねって老いていこうね

通り雨浴びる勇気はもうなくて部屋にいますがお茶はあります


<よろづ祈願短歌>
朝のひかり伸びやか 足を地に着けて雲にさわれる魂であれ
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-03-27 09:21 | その他

ウタ

しあわせ!と爆発したあとしんしんとやさしい灰にうたれています

春の陽を湯ぶねで浴びて一点の陰部も持たない私のからだ

コソクとかコンタンとかは許されるためにかわいい音なのきっと
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-03-09 09:46 | 短歌

そこここに置いてきた短歌

夏はいつでも同級生 カルピスのCMがまた始まりました

「暑い!」って愛するひとの欠点をことさら言ってみせる口調で

サヨナラのわけ聞きながら眺めてたマクドナルドの深夜清掃

ビタミンも飲んでみたけど本当に私に足りてないのはピンク

きれいになった子からなんだか遠くなる 団地のもみじいつまで青い
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-02-24 22:31 | 短歌

行くとこがなかった

公園しか行くとこなくて公園でキスをしてたら叱られる町

3ヶ月!(カフェと名乗ったあの店が焼きそばを出すようになるまで)

この町にできるとしたらカフェがいいかジャスコがいいかまた考える

東京の匂いがこぼれる本だからバスでひらいて深呼吸する

手放さず叶えもしない夢はもう体になじんだ抱き枕です



ショートソング (枡野浩一/集英社文庫)を読んだあと、ずっと考えていた短歌が元です。
開店休業中のかんたん短歌blogにトラックバックさせていただきました。

焼きそばはたっぷりの盛り。名古屋周辺だから。
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-02-24 11:28 | 短歌

笹師範にとっていただいた歌

<格闘技>

「父さんはメキシコへ行く」と出て行った 仮面をつけてる気はしてたけど (改作)

「sky high」そらで歌える姉さんがマスカラ重ねかさね塗る夜


<事件>

(阿部定事件)
「私なら指がほしい」と呟けばなぜだかさみしそうな顔する 

<ミュージシャン>

捨てないでいるオルゴール ジッタリン・ジンとこわれた音をたてても

うたごえに無数の蛭を住まわせて中島みゆきはカラカラと晴れ

アン・ルイスの曲がいちばん盛り上がるディスコでヒールはすり減っていく

ユーミンを聴いてない冬 あなたとはコタツで笑っていられたらいい

どこまでも落ちていきなよ 真夜中に森田童子を聞いて切る爪

(矢野顕子)
ラーメンを食べたくなるのが怖いから封印しているアルバムがある
[PR]



# by kisaragiuta | 2007-02-24 09:28 | 笹短歌ドットコム
宮田ふゆこ*ときどき短歌を作ります。小心な快楽主義者。
by kisaragiuta
プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2012年 11月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2010年 09月
2010年 03月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2006年 11月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月

最新のトラックバック

平熱ボタン。
from カツオくんは永遠の小学生。
「一人で始める短歌入門」
from 月灯りの舞
http://www.k..
from 観光総合ガイド
朝一発で目が覚める方法
from のこぶろぐ
四万温泉
from 四万温泉案内
ポケモン金銀 努力値
from http://10tyoug..
アルプスの少女ハイジ
from ジャパニアニメ
三十一文字の世界(短歌ブ..
from あと1日@日刊エキブロ新聞

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧